News

新たな測定例追加

2021年12月31日 11:30
DOWN LOADにある「技術資料」ページに下記測定例を追加しました。 ②スキン層の測定例 ③スポンジの音響効果 ④バブルの充填効果

新しい製品

2021年11月26日 17:21
HFR002の測定ユニットが新しくなったので写真を更新しました。液体測定ユニットであるLiq-miniの写真も追加しているのでご興味ある方はメールを頂ければ幸いです。

インクの粘弾性測定例を追加しました

2021年11月26日 17:07
Down Loadにインクの粘弾性測定例を追加しましたので参考にしてください。顔料系、染料系、純正品とサードベンダー品の比較をしています。

書籍発刊

2021年11月24日 12:10
2021年12月に技術情報協会より下記書籍が発刊されます。ご興味ある方はご検討ください。https://www.gijutu.co.jp/doc/b_2135.htm担当部分は1章3節となっています。

学会発表

2021年11月24日 12:07
2021年11月25日のゴム協会主催エラストマー討論会で口頭発表させていただきます。ご興味のある方は参加ください。リモート視聴が可能です。/https://www.srij.or.jp/elastomer2021/

本社を移動しました

2020年11月16日 18:23
本社・横浜ラボを廃止し、群馬県館林市の館林事務所に移動しました。ご連絡や納品、デモなどは下記の館林事務所までお願いします。館林事務所 〒374-0055 群馬県館林市成島町709-10 ハイツ TMK B-101

新製品開発

2020年04月09日 19:38
Liq-F-miniを近日中に上市します。従来の液体測定ユニットより小型化しました。脱着も容易で清掃も簡単!お手持ちのH01やM03センサを活用できます。

書籍の発刊予定

2019年12月08日 17:43
  技術情報協会より下記書籍が来年1月に発刊予定です。ご興味が有りましたら、ぜひお手に取っていただければと思います。      「高分子材料のトライボロジー制御」 技術情報協会        https://www.gijutu.co.jp/doc/b_2041.htm#5          弊社 小俣の担当は下記の章です。5章3節 表面高周波粘弾性のトライボロジー特性評価への応用                                     この本は、摩擦の低い摺動材料から摩擦の大きな摩擦材料まで材料と評価、応用技術を網羅しているので広く設計、開発、研究者に役立つものと思います。

書籍出版のご案内

2019年12月07日 12:59
機械学会より下記書籍が出版されました。ご興味が有りましたら、ぜひお手に取っていただければと思います。      「柔軟媒体ハンドリング技術の理論と応用」 日本機械学会       https://shop.jsme.or.jp/shopdetail/000000000294/         弊社 小俣の担当は下記の章です。2・6章 紙幣処理装置のインテリジェント化3・4章 トライボロジーの特性評価                                 ...

あけましておめでとうございます

2019年01月02日 14:53
今年もよろしくお願い致します。本年は技術書への寄稿を2本予定しています。「柔軟媒体搬送技術」(仮題)「高分子のトライボロジー制御」弊社技術の解説を中心に応用について述べていますので、ご興味が有りましたらご覧いただければ幸いです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>