記事のアーカイブ

学会発表

2018年03月12日 12:58
来る5月18日レオロジー学会で発表します。詳しくはhttps://www.srj.or.jp/library/593e2f9b3d23b5fd2a7a58b8/5a93dbe0a89fa58f73119ad5.pdf

書籍発刊

2018年03月10日 11:41
「数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御」東京理科大 教授 佐々木信也 編テクノシステム社より3月20日に発刊予定です。第3節12項に「超音波粘弾性評価法のトライボロジーへの応用」 として弊社技術の紹介をさせていただきました。ご興味のある方は是非ご試読ください。詳しくは下記サイトを参照ください。https://www.techno-s.co.jp/publish/tribokaiseki.htm <概要>◆トライボロジー現象の基礎メカニズムを整理  ◆複雑な現象の解明に活用が期待される、最新の数値シミュレーション技術と表面分析技術を解説...

学会参加

2018年03月09日 11:00
3月14,15日に開催される機械学会主催IIP2018の座長を務めます。紙幣の機械処理やプリンタなどのペーパーハンドリング技術に興味のある方の参加をお勧めします。詳しくは下記をご覧ください。https://www.jsme.or.jp/iip/Japanese/Events/Data/2018/IIP2018program_ver1.pdf

学会発表

2017年10月30日 16:27
11月29日に京都大学宇治キャンパスで開催されるゴム協会 エラストマー討論会で「高周波粘弾性装置の応用例」と題してポスター発表します。ご興味のある方は是非ご参加ください。https://srij-meeting.wixsite.com/elastomer-symp-j

学会発表

2017年10月30日 16:17
11月13日に東京赤坂で開催されるゴム協会シンポジウム<ゴム分析の基礎と最新分析技術>で「メガヘルツ粘弾性測定」と題して講演します。最新ゴム分析技術の講演があります。ご興味が有る方は是非参加ください。https://www.srij.or.jp/newsite/schedule/

学会発表

2017年10月30日 16:15
10月18日の新潟トキメッセで開催されたレオロジー討論会で口頭発表しました。ご質問いただいた皆様ありがとうございました。

学会発表

2017年03月31日 15:45
5月18日、19日に開催される日本ゴム協会主催年次大会で口頭発表およびポスタ発表します。 レオメータコラボ装置やせん断下高周波粘弾性測定にご興味のある方は是非参加ください。 https://www.srij.or.jp/newsite/pdf/event_17030601.pdf  www.srij.or.jp/form/2017_nenji_order/

関連サイト

2017年03月24日 16:42
1.アントンパール社 :ガラスペルチェ温度調節  www.anton-paar.com/jp-jp/products/details/temperature-control-peltier-systems-40-oc-to-200-oc/  コラボにより「HFRU」を装着してレオメータ測定と高周波粘弾性測定を同時に実行可能としました。2.穂高電子株式会社 :販売パートナー https://www.hodaka.co.jp/product_topics/entry443 広く販売チャネルを有し丁寧な対応が可能です。3.三ツワフロンテック株式会社 https://www.mitsuwa.co.jp

ダウンロード・ページを追加しました

2017年01月26日 12:13
カタログや技術情報を広くご利用いただくためにダウンロードページを追加しました。

学会講演

2016年10月20日 15:30
2017年1月25日に開催されたゴム協会のシンポジウムで講演し、これまでの研究成果と新な装置トピックスをご紹介しました。ディスカッションいただきありがとうございました。個別にフォローさせていただきます。  https://www.srij.or.jp/newsite/pdf/event_16112001.pdf2017
アイテム: 11 - 20 / 45
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>